大人にきび治療TOP | 大人にきびの基礎知識 | 大人にきびの原因 | 大人にきび治療 | スキンケア | 大人にきびと化粧品 | 大人にきび予防対策 | リンク集 |

赤にきびと黄にきび

大人にきび:赤にきびについて

大人にきびの症状として、白にきび、黒にきび、赤にきび、黄(化膿)にきびの4段階に分類して、対処しやすくしています。その中の、「赤にきび」についてご説明しますので、参考になさってください。

赤にきびは、大人にきびのトラブルレベルでいえば、レベル3といえ、大人にきびの中期段階です。一般的に、広くいわれている「にきび」のことです。

赤にきびは、ふさがった毛穴の中で、アクネ菌が活性・増殖した結果、毛穴に炎症が起こり、赤く腫れ上がった状態のことです。毛穴が悲鳴をあげている状態といってもいいでしょう。

症状が進行すると、つまった毛穴まわりの組織にまで炎症が及び、膿や痛みを伴うこともあるといいます。赤にきびを自分でつぶすと、組織に傷ができ、ケロイドやクレーター状のにきび跡になり、治りにくくなるので、けっしてつぶしたりしないよう注意しましょう。

もし、にきび跡にまで悪化した場合には、正しいスキンケアと平行して、専門医を受診されることをお勧めします。

大人にきび:黄にきびとは

大人にきびの中で一番症状の重い、黄(化膿)にきびについてご説明しましょう。大人にきびは、白にきび→黒にきび→赤にきびの順に悪化していき、黄にきびはにきびの最も悪化したものです。

赤にきびが、毛穴まわりの組織から真皮に至るまで炎症を続け、それが悪化して化膿します。やがて、真皮内に膿が溜まり大きく腫れたものを、黄にきび(硬結性座瘡)と呼んでいるのです。

さらに症状が進むと、黄にきびが膨らんで破裂し、痛みを伴うこともあるようです。大人にきびの最終段階である黄にきびは、治癒してもにきび跡(色素沈着や凸凹跡)が残ることがあり、非常にやっかいな大人にきびといえます。
症状もさまざまなので、日常の正しいケアと、専門医による適切な処置が必要だといえるでしょう。

※おすすめにきびケアを紹介!
【1位】日米売上No.1<薬用プロアクティブ>⇒ニキビケアProactiv
【2位】ライスフォース⇒ 深層保湿トライアルセット
【3位】草花木果でにきびケア⇒ 草花木果4種トライアル
【3位】にきび対策は毛穴から⇒ 草花木果 透肌スキンケアトライアルセット

※楽天市場で検索⇒ 大人にきび関連商品を探す


▼同カテゴリー「 大人にきびの基礎知識 」の記事一覧
大人にきびと思春期ニキビの違い
白にきびと黒にきび
赤にきびと黄にきび
大人にきびと背中にきび
大人ニキビとにきび跡
大人にきびに似た症状
大人にきびと赤ら顔の関係
大人にきびと肌荒れ
鼻・首・お尻の大人ニキビ

大人にきびの基礎知識

大人にきびの原因

大人にきび治療

スキンケア

大人にきびと化粧品

大人にきび予防対策

リンク集

 
大人にきび治療TOP | 大人にきびの基礎知識 | 大人にきびの原因 | 大人にきび治療 | スキンケア | 大人にきびと化粧品 | 大人にきび予防対策 | リンク集 |