大人にきび治療TOP | 大人にきびの基礎知識 | 大人にきびの原因 | 大人にきび治療 | スキンケア | 大人にきびと化粧品 | 大人にきび予防対策 | リンク集 |

大人にきび治療 ケミカルピーリング

ケミカルピーリングで大人にきび治療

大人にきびの治療やケアとして、大人にきび治療の現場(皮膚科)でよく使われている方法に「ケミカルピーリング」があります。美肌のために、小ジワやくすみを減らす方法としても「ケミカルピーリング」がよく取り上げられています。

「ケミカルピーリング」とは、フルーツ酸(AHA)の一種である、濃度の高いグリコール酸等を肌に直接塗り、角質に浸透させることによって、角質層の細胞間の接着力を弱め、角質を剥ぎ取るという治療法です。

角質を剥ぎ取ることにより、毛穴出口の角化した角質がはがれ、毛穴に溜まっていた皮脂が、排出されやすくなるだけでなく、酸による刺激で、お肌の新陳代謝も活発になるそうです。

ただし、お肌の状態によっては、かえって大人にきびが悪化するというケースも見られるそうなので、「ケミカルピーリング」の治療を担当している医師と、よく相談してから行うようにしましょう。

大人にきび:ケミカルピーリングの薬剤について

「ケミカルピーリング」で使用する薬剤についてみてみましょう。この薬剤には「AHA(アルファハイドロキシ酸・フルーツ酸)」「TCA(トリクロロ酢酸)」「乳酸」「サリチル酸」「レチノイン酸」などいろいろな種類があります。

このなかで、日本人の肌に合うとされるのが「AHAフルーツ酸」だそうです。ケミカルピーリングを施術する際には、ひとりひとりの肌質に合わせて、薬剤を使用します。

また、薬剤の濃度も肌によって変える必要があるそうです。大人にきび対策としてケミカルピーリングを考えているなら、専門医とよく相談して、ピーリングや使用する薬剤について説明を求め、納得してから行うようにすることが大切です。

大人にきび治療:ケミカルピーリング後に注意しよう

大人にきび対策として、ケミカルピーリングをしたからといって、安心してしまってはまだ早いです。ケミカルピーリングをした後の肌は、表面をはがしたことで、敏感な状態になっています。日焼けしやすい状態でもあるので、外出時には、特に注意しましょう。

ケミカルピーリングを行った病院やサロンでも、日焼け止めを使用すること、また保湿も十分行うようにとの指示がでるでしょう。しっかり指示に従うようにしてください。

病院やサロンまかせにせず、普段の生活で自分でできる大人にきびケアも必要です。せっかくのケミカルピーリングが無駄にならないように、肌の状態を悪化させないようにし、大人にきびの再発を防ぐことも重要なことなのです。

※おすすめにきびケアを紹介!
【1位】日米売上No.1<薬用プロアクティブ>⇒ニキビケアProactiv
【2位】ライスフォース⇒ 深層保湿トライアルセット
【3位】草花木果でにきびケア⇒ 草花木果4種トライアル
【3位】にきび対策は毛穴から⇒ 草花木果 透肌スキンケアトライアルセット

※楽天市場で検索⇒ 大人にきび関連商品を探す


▼同カテゴリー「 大人にきび治療 」の記事一覧
大人ニキビ治療 はじめに
病院での治療 皮膚科
病院での治療 産婦人科
大人にきび治療 ピーリング
大人にきび治療 ケミカルピーリング
レーザーピーリング・クリスタルピーリング
フォトフェイシャルでニキビ跡治療
「レーザー治療」と「ビタミンC誘導体」
「イオン導入」と「サーマクール」
東洋医学(漢方)で大人にきび治療
大人ニキビ治療に効果的な成分

大人にきびの基礎知識

大人にきびの原因

大人にきび治療

スキンケア

大人にきびと化粧品

大人にきび予防対策

リンク集

 
大人にきび治療TOP | 大人にきびの基礎知識 | 大人にきびの原因 | 大人にきび治療 | スキンケア | 大人にきびと化粧品 | 大人にきび予防対策 | リンク集 |